気になる年末調整のあれこれ

年末調整とは、簡単にいえば自分の働いているところ(雇用先)が給料から予め税金を天引きしていた分と本当に必要な金額とを噛みあわせて精算することです。このとき実際に払う税金と天引きしていたお金が違い過不足があればまた払ったり、お金が返ってきたりします。大抵は少し多いかな、というくらい払っているものなので戻ってくることが多いです。

たとえ副業でもアルバイトで月の収入が8万8000円、年収が103万円を超えると税金を払わなくてはなりません。これ以下の給料の人は何も心配はいらないのですが、要注意なのは仕事を掛け持ちをしている人です。それぞれの給料が年収103万円以下でも、合わせて103万円以上になる場合は税金を払わなくてはなりません。基本的には年末調整に伴い、「扶養控除等申告書」に必要事項を記載して提出する必要があります。

「扶養控除等申告書」は複数で働いていても1ヶ所しか提出できないので、提出したバイト先(メインの会社)で、お給料の年末調整をしてもらうことになります。そうなると、あとひとつ、サブのバイトの税金のことは自分で処理をしなくてはなりません。そこで行うのが確定申告です。自分で役所に行って自分の稼いでいる給料額を伝え、納税しなくてはなりません。何もしないでもばれないだろうと思っても、ちゃんと書類があるので役所では分かってしまいます。

税金を払いすぎていると判断されればあとで返還金もあるので、何か特別な事情がない限りはきちんと申告しましょう。また、103万円を超えた場合でも、サブのバイトの給料が少ないと「雑所得」として処理され、税金がかからないこともあります。役所のほうでも公にはいいませんが、こういったこともしてくれる可能性はあることは覚えていたほうがいいと思います。

Leave a Comment